半沢直樹に一般人の視点で意見。

公開日: : 最終更新日:2013/11/01 エンタメ , ,

最終回もすごい勢いでしたね。視聴率も然ることながら、CM企業のビックネームぶりにも、ちょっと笑ってしまいました。

半沢直樹って何が良かったのか考えてみる

評論家視点ではなく、普通の人として何が面白かったのか。

まず、1話に1回スカッとすることがあった。半沢直樹が打ち負かすシーンが必ずあったので、毎回見るのが楽しかった。このスカッと感が月曜日からの仕事のイメージを良くしていたような気が「すこし」だけします。

2つ目に、話が適度にリアルで良かった。原作の著者が元々銀行出身の方ということで、話が適度にリアルでした。しかも、なんだかんだお金の話なので、普通のサラリーマンなら共感できる部分が多かったのではないでしょうか。

最後に、役者の演技力がすごかった。特に堺雅人と市川中車こと香川照之がすごかった。でも、実は脇を固めるメンバーも抜群。個人的にはミッチーと部長役の吉田鋼太郎が良かった。半沢の味方で、いつ裏切るのかな?と思っていましたが、まっすぐに半沢の味方でした。

ただ、ちょーっとだけ残念だったのが、上戸彩です。演技自体にどうこう言うつもりはまったくありませんが、キャストの並びが、堺雅人につづいて二番手というのが、とても気になります。見てる人は謙虚な上戸彩を演出してくれる事務所を期待しています。

半沢直樹はリアルじゃないとか、視聴者はこういうドラマを求めていたというけれど

結局、自分の人生と共感できたり、自分のストレスをぶつけられる、映像があるとテンションが上がるんですよね。
今回の半沢直樹が下克上的にのし上がっている様は、日本の多くのサラリーマンの心を打ったと思います。おもしろくないのは上司ですが、それだけ普段から部下は面白くないと思っているということです。

また、銀行員のコメントなどで「実際はこんなんじゃない!!」とかいう記事を散見しますが、そりゃそうでしょ!というのが私の意見。
池井戸潤さんも商売で小説書いているので、なるべくリアルに、でも、わかりやすく、または、インパクトが有るようにデフォルメしたりするに決まっています。テレビですから、更に対象が広がる分、デフォルメも強めに。
ネットにコメントできるエライ人はそれくらいわかってて見てるんですよね!?

というわけで、とっても面白いドラマだったので、次回作も期待。

関連記事

20130822-1

平愛梨さんが twitter を始めました。

  今更感もありますが、タレントの平愛梨さんがtwitterを始めたようです。最近、

記事を読む

okamotorei_a01

岡本玲というカワイイ女

今日、内村とザワつく夜で、芸人とデートする企画で岡本玲が出ていました。 岡本玲

記事を読む

20130821-1

ロンドンハーツから新たなヒロイン「小林恵美」

ロンドンハーツで恒例の有吉の進路相談がありました。 小林恵美とはどんな人か画像で見てみよう

記事を読む

no image

剛力さん踊れるって素晴らしいですね

ゴリ押しと言われている剛力さんですが、頑張ってますよね!いろんな評価がありますが、個人的には応援した

記事を読む

000141591

いろいろあると思いますが、やっぱり戸田恵梨香

同年代の中で演技力がずば抜けている戸田恵梨香です。 同年代というと、堀北真希や新垣結衣、それに

記事を読む

73948a6320633aca6a69c943eb97c12e

小島瑠璃子の2014年カレンダー発売

続々と2014年のカレンダーが発売になっています。 最近では、テレ東の大江アナウンサーが単独で

記事を読む

10070360091

歌舞伎の海老蔵。かっこよすぎます。

めちゃイケのオファーシリーズで、ナイナイの岡村隆史が歌舞伎に挑戦。海老蔵からオファーを受け、一寸法師

記事を読む

20130826-1

小島瑠璃子ってなんか微妙に来てないか?!

小島瑠璃子さんてご存知でしょうか? こんな人です。 ちょっと前田敦子が入

記事を読む

スクリーンショット 2013-11-08 22.10.36

水崎綾女の家族が美しすぎる

ロンドンハーツに出演してから注目している水崎綾女ですが、ハロウィンに家族全員で仮装した様子が

記事を読む

AIL_OSMAI

大島麻衣がさんま御殿に出演します

8月27日(火)のさんま御殿に大島麻衣さんが出演します。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑