大きな会社では自分の意見は通らない

公開日: : 未分類

就職活動まっただ中のこの時期。私にとってはもう10年ほど前の事になってしまいます。

学生が会社を判定する基準は知名度と給料くらいでしょうか。できるだけ大きくて安定した会社に入ることを目指します。

自分のやりたいことは二の次です。だいたいやりたいことが出来る会社に入ればOKです。
私は個人的にはとりあえず会社に入ることには賛成です。

私は大会社ではありませんが、社員は1万人以上いる企業にいます。
この会社で数年努めて思うことは幾つかあります。
会社に入る前には若い人にチャンスを与えてくれる。教育が充実していて、人を大切にしてくれる。と感じて会社に入りました。
しかし、物は言いようで、いろんな見方、言い方があるんだなぁと思いました。

大きな会社に入って一番大変なことは、自分がいいと思うことや、やりたい企画などを通す場合のステップが多すぎる。
社長に直談判なんて言語道断。

1. まず先輩に話して、指摘され直します。そして再度確認してもらいます
2. 次に課長に話して、指摘され直します。そして再度確認してもらいます
3. 次に部長に話して、指摘され直します。
4. 部長はこの企画のことを事業部長や自分の上司の耳に入れないといけないのでちょっと時間を空けられます。
5. やっと部長がOKをだしてくれた頃には思い立ってから1〜2ヶ月か経過

このころには、稟議を通すことに全力を注ぎこみ、最初に「やりたかった」ことが何かを忘れてしまっていることが多々あります。
さらにひどいのは提案する企画を部長やその類の人たちが理解出来ない場合。

これは大変で事細かに伝えないといけない。挙句の果てに、部長陣は「これは昔の△△でいうと◯◯ってこと」と自分の分かる知識で置き換えます。
そんなこと知りません。っていつも思います。

ただ、大きい会社でいいこともたくさんあります。
それはやっぱり世間体です。結婚するときや誰かに勤務先を言う場合、お金を借りたり、何かしらの審査に合う場合。どんなときも大きい会社というのは有利です。
他にもいっぱいありそうですが、これが最も身近に感じるメリットです。

何はともあれ、会社なんて運命です。
正直私も面接では小さい会社に落ちて、大きい会社に受かりました。何があるかわかりません。

会社にはいってみないとわからないので、とりあえず会社に入ってみるというのには賛成です。

とりとめのない話で申し訳ありません。また次回。

関連記事

no image

千里中央「和楽路屋」のたこ焼きがうまい

先日大阪出張で関西の支社に行ってきました。支社の方にたこ焼き専門店に連れていってもらいました。最初は

記事を読む

no image

悲惨な状態

※ Googleの災害情報3月11日に地震が発生しました。私は東京都江東区のビルで仕事中でしたが、最

記事を読む

no image

死刑台のエレベーター

死刑台のエレベーターが10月9日(土) に公開されます。作品紹介この作品は元々1958年にルイ・マル

記事を読む

no image

ぐるナイに石原さとみが登場

7月14日(木)のぐるナイに石原さとみが登場します。ブルドクターの宣伝か水曜ドラマ「ブルドクター」の

記事を読む

no image

新型うつって結構やっかいです

新型うつとは何かと言うと、会社ではうつだが、プライベートでは元気といったものです。仕事がいやで、会社

記事を読む

no image

まるやでひつまぶしを食しました

先日名古屋に出張する機会があり、「まるや」でひつまぶしを食しました。頂いたのは「上ひつまぶし + ご

記事を読む

no image

au の新料金プラン「auスマートバリュー」を見てみる

さて、2月14日からauでは新料金プランの受付が開始します。内容どんな内容かと言いますと、auのスマ

記事を読む

no image

北川景子「きいろいぞう」を読む

北川景子は最近ブログで読書をしている様子を書いていますが、こんどは西加奈子の「きいろいぞう」を読む予

記事を読む

no image

高島彩のフリー初CMはサントリー

とうとう来ました。高島彩のイメージを使用する企業はどこなのかと注目していましたが、サントリーが来まし

記事を読む

no image

2012年平愛梨が少しだけきそうだ

去年くらいから平愛梨に注目しています。テレビに出る回数が増えただけでなく、コメントや適当な天然ぶりが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑