大きな会社では自分の意見は通らない

公開日: : 未分類

就職活動まっただ中のこの時期。私にとってはもう10年ほど前の事になってしまいます。

学生が会社を判定する基準は知名度と給料くらいでしょうか。できるだけ大きくて安定した会社に入ることを目指します。

自分のやりたいことは二の次です。だいたいやりたいことが出来る会社に入ればOKです。
私は個人的にはとりあえず会社に入ることには賛成です。

私は大会社ではありませんが、社員は1万人以上いる企業にいます。
この会社で数年努めて思うことは幾つかあります。
会社に入る前には若い人にチャンスを与えてくれる。教育が充実していて、人を大切にしてくれる。と感じて会社に入りました。
しかし、物は言いようで、いろんな見方、言い方があるんだなぁと思いました。

大きな会社に入って一番大変なことは、自分がいいと思うことや、やりたい企画などを通す場合のステップが多すぎる。
社長に直談判なんて言語道断。

1. まず先輩に話して、指摘され直します。そして再度確認してもらいます
2. 次に課長に話して、指摘され直します。そして再度確認してもらいます
3. 次に部長に話して、指摘され直します。
4. 部長はこの企画のことを事業部長や自分の上司の耳に入れないといけないのでちょっと時間を空けられます。
5. やっと部長がOKをだしてくれた頃には思い立ってから1〜2ヶ月か経過

このころには、稟議を通すことに全力を注ぎこみ、最初に「やりたかった」ことが何かを忘れてしまっていることが多々あります。
さらにひどいのは提案する企画を部長やその類の人たちが理解出来ない場合。

これは大変で事細かに伝えないといけない。挙句の果てに、部長陣は「これは昔の△△でいうと◯◯ってこと」と自分の分かる知識で置き換えます。
そんなこと知りません。っていつも思います。

ただ、大きい会社でいいこともたくさんあります。
それはやっぱり世間体です。結婚するときや誰かに勤務先を言う場合、お金を借りたり、何かしらの審査に合う場合。どんなときも大きい会社というのは有利です。
他にもいっぱいありそうですが、これが最も身近に感じるメリットです。

何はともあれ、会社なんて運命です。
正直私も面接では小さい会社に落ちて、大きい会社に受かりました。何があるかわかりません。

会社にはいってみないとわからないので、とりあえず会社に入ってみるというのには賛成です。

とりとめのない話で申し訳ありません。また次回。

関連記事

no image

ブラマヨの露出

最近テレビでブラマヨを見る機会が減ってきました。人気が無くなって来たのでしょうか。ブラマヨの経歴ブラ

記事を読む

no image

香川が大活躍

シャルケ対ドルトムントの試合で香川が大活躍。トップ下で先発出場し、前半20分、後半13分と2得点の活

記事を読む

no image

さてさて2012年

最近ながらく更新していませんでした。個人的には子供(双子)が生まれ、かなり大変な毎日を送っています。

記事を読む

no image

日本代表アジアカップのサウジ戦は柏木の試合

日本代表の試合が終わりました。最近はパッとしない試合が多かったので、今日の試合はすっきりしてみること

記事を読む

no image

死刑台のエレベーター

死刑台のエレベーターが10月9日(土) に公開されます。作品紹介この作品は元々1958年にルイ・マル

記事を読む

no image

月九は視聴率上がってきてます

恒例ドラマの視聴率ですが、当初下がり気味だった月九の視聴率ですが、ここに来て持ち直しています。結構純

記事を読む

no image

この秋のドラマを見始めました

続々と始まるこの秋のドラマ。今月は仕事が忙しくてあまりテレビの前に居れなかったのですが、やっと落ち着

記事を読む

no image

月9の石原さとみと相武紗季

現在月曜9時からフジテレビで放送中の「リッチマン、プアウーマン」ですが、とうとう石原さとみが開花する

記事を読む

no image

眞鍋かをりは男よりも友達

最近徐々にテレビに出始めている眞鍋かをりですが、自身のブログで「男一瞬、ダチ一生」と伝えています。一

記事を読む

no image

モーニング娘はやっぱりすごいと思った

先日HEY HEY HEYのスペシャルでモーニング娘の新旧メンバーが登場して一緒に歌っていました。ま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑