ヤマダ電機で物を買うときにはヤマダ電機Web.comを調べるべし

公開日: : 未分類

先日ヤマダ電機で空気清浄機を購入しました。

パナソニックの「加湿空気清浄機 F-VXG50」のホワイトです。

勢いで買いに行ったので、あまり事前調査無しでした。
店頭で価格を見たところ ¥28,500 でした。他店調査済み、特価と記載されていたので、結構安くなっているんだろうなと思って、店員さんの言いなりに購入に進みました。ちなみにポイント無し。

店員さんに在庫を確認してもらっているところで、暇だったのでiPhoneで市場価格を調査。すると価格.comで21,000円。あれ。やばい。もっと安く買えるやん。

もう少し探してみるとヤマダ電機のWebサイトで20,500円で売ってる。えっ。。。自分のとこのサイトのほうがだいぶ安いやん。しかもポイント10%もつくらしい。

店員さんが帰ってきたので、事情を説明して、iPhoneの画面を見せると。
「あ、安いですね。ちょっと待ってください。」とどっかへいって、しばらくして帰ってきました。

すると「すいません、19,000円でポイント無しにしかできないです。」

と。。。。「十分です!」と言いたかったけど、「ありがとうございます」とだけ伝えて購入しました。

基本的に近場の店舗で買うということは時間をかけずに直ぐに手に入るところがメリットなので、ネットの価格より多少高くても許せるのですが、10,000円近く高いとちょっと考えてしまいます。
しかも、価格.comの情報を伝えると「いや地域別の設定ですので」とか言われて、取り合ってくれません。しかし、さすがにヤマダ電機で自分のところのWebサイトのほうが安い場合は例外です。というわけで電化製品を買う場合は、市場調査プラスその電機屋さんのサイトでいくらで売っているかもチェックしていくと最後の切札に使えるかもしれません。

あと少し考えるとどうやらこのあたりの製品はだいぶ安く仕入れているんだなと思いました。

おそらく利益がでないと安くしてまで売ることはないと思います。
ということは28,500円と書かれていた商品を19,000円で売ってもまだ利益がでるのです。これは少なくとも30,000円程の承認に9,500円以上の利益を乗せていることになります。30%です。
30%以上ですから40%程乗っているかもしれません。

現場の店員もアルバイトや派遣社員ですし、メーカーから格安(無料)で店頭販売員を受け入れてますし、そのあたり考えると、結構利益率がいいのですか?
大手だけでなく、多少小さい総合電機販売店が生き延びているのが分かる気がします。

関連記事

no image

眞鍋かをりは男よりも友達

最近徐々にテレビに出始めている眞鍋かをりですが、自身のブログで「男一瞬、ダチ一生」と伝えています。一

記事を読む

no image

北川景子2010年を締めくくる

今年1年大活躍だった北川景子ですが、1月から開始する『LADY~最後のプロファイリング~』の撮影に最

記事を読む

no image

西山茉希のセミロングを見たいなら

最近髪型を変えてショートカットになっている西山茉希ですが、明日発売のファッション誌で最後のセミロング

記事を読む

no image

2010年10月開始のドラマ

最近番組改編時期なので特番ばかりですが、10月から続々と新しい番組が始まります。今回はまず10月開始

記事を読む

no image

SPECが映画になり再び復活

2010年10〜12月に放送された、戸田恵梨香、加瀬亮ダブル主演のドラマ「SPEC」が2012年春に

記事を読む

no image

人類の能力を超えた対応

この数日TVではひたすら東北関東大地震のニュースが続いています。私たち国民にも色々なお願いがあり、結

記事を読む

no image

泉ピン子が篠田麻里子を指名

7月21日放送の「なるほど!ハイスクール」にゲストで泉ピン子が登場しました。AKBへの演技指導「すご

記事を読む

no image

流れ星 第2話

今日は流れ星の第2話がありました。飲んで帰ってきましたが、頑張って観ました。感想面白くなっていきそう

記事を読む

no image

高島彩はやっぱりすごい

今日は熱血!平成教育学院を見ていて、やっぱりアヤパンはすごいなぁと関心することが多くありました。そも

記事を読む

no image

オールスター感謝祭での戸田恵梨香の演技がヤバい

この前の日曜日にこの時期恒例の「オールスター感謝祭」がTBSで放送されていました。印象に残ったシーン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑