エピナール那須に行ってきた

公開日: : 子育て, 著者体験記

この休日でエピナール那須に行ってきました。

EP106.TIFF

あまりご存知でないかもしれませんが、子ども連れの家族が利用する宿としては有名です。じゃらんの口コミでも、476件あり、総合で4.4という高得点を弾き出しています!。「ウェルカムベビーの宿」というミキハウス子育て総研が認定した宿でもあります。

何がそんなにいいんだ??

総じていうと色々と気が利いています。スタッフ含めてよく教育されています。サービスについては今回利用したものをベースにご紹介。

まず、部屋に入ってから色々とチェック。部屋着に100-120くらいの子供用のものが用意されています。欲しいものがあったので、フロントに連絡。ベッドガード、幼児用のボディーソープ、子供用スリッパ、おむつ用のゴミ箱、手をあらう時などに利用する台。このうち、おむつ用の箱と台はお願いしていなかったのですが、スタッフの方が持ってきてくれました。

そしてご飯。そもそもここのバイキングは最高。かなり美味しいです。しかも子供用のバイキングコーナーあり、充実!こどもも自分で取って回って大興奮。大人もバイキング興奮しますもんね。そこでは、小さい子向けの椅子はもちろん、キャスター付きのベビーベッドも用意。数も十分あるので、問題ありません。託児施設も30分500円から利用できます。

その他にも離乳食が用意されていたり、室内にプールがあって、3段階で深さが違うプールが有り、どのような年齢の子どもでも安心して入ることができます。

個人的に思うのは改善力がすごい!

当然のことながら、他にもサービスはたくさんありますが、私が一番すごいと思うのは改善力です。今回で3回目の利用になりますが、このホテルに来るたびに新しいサービスが開始されています。チラシが用意されていたり、スリッパがもっと小さく3歳くらいでも履けるようなサイズのものが用意されていました。これらは昨年まではなかったサービスです。毎年来るたびに新しいサービスが増えているので、新鮮に感じます。

毎年行きたくなるということは、何か変化が無いといけません。同じホテルですが、新しい一面が見え、サービス品質が向上しているならば、やっぱり毎年行きたくなります。ただ、この改善の価値が大きくなればなるほど、継続して改善する力を発揮するのが疲れます。その疲れにかまけて、改善をサボるとすぐにお客様は離れていきます。あまりまとまりはありませんが、言いたいことは、人を惹きつけるためには、改善を繰り返し、常に良くなっていく自分やサービスを見せることが大事だと痛感しました。

関連記事

b35adc3faff5634a3583c8b36173e8c0ddcf634d1381920523

田舎から出てきて東京で働くようになって10年。いろいろ思ったので書き綴ってみる。

私はずっと田舎で育って、社会人になったのを機に東京へ来ました。住んでいるのは千葉だったり横浜だったり

記事を読む

スクリーンショット 2014-07-14 22.28.28

妻からの家族ハラ@子どものいる共働き夫婦

livedoor ニュースで面白いものがあった。 夫の約7割が妻の「家事ハラ」を経験!? 食器

記事を読む

img_bf6b1bfca229305ecd836bb787bee91e2134299

X-TRAILファンが悲しむフルモデルチェンジ

日産「X-TRAIL」の大変身に波紋 - 東洋経済オンライン 社会人になって始めて買っ

記事を読む

滑り台1-300x168

公園の禁止事項がすごいことになっている

公園の禁止事項が増加…「談笑」「ダンス」「漫才練習」「ボール遊び」「大声」「自転車」「ラジオ体操」「

記事を読む

SONY DSC

沖縄ってやっぱり素晴らしい

わたくし事ですが、先日沖縄に行ってきました。 宿泊したのはブセナテラスです。今回で4度目の沖縄

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑